カンボジア時々アメリカ

カンボジアの生活、アメリカ留学に向けての準備、その他日々の雑記等を綴ります

大学院で統計を学ぶ意味

大学学部では「地味そう」という理由だけで統計学のクラスを取りませんでした。今思うと完全に浅はかとしか言いようがありません。しかし実際、少なくとも当時大学の座学の統計は理論だけを学び、(最も面白いはずの)実世界への応用は重視されていませんでした。扱いが「準必修」だったことにも頷けます。それが日本でも数年前に「 統計学が最強の学問である」がベストセラー入りしたことに象徴されるように「統計ってクールだよね」という風潮が生まれたのを記憶しています。このさらに以前に世界中で話題となった「ヤバい経済学 [増補改訂版]」も計量経済学のツールで分かる面白い結果を解説した書です。相撲がなぜ茶番と言えるのか、というショッキングな分析もありました。
ではなぜ今統計の重要性が叫ばれているのか。それは紛れもなく、統計が現代世界を生きる必須スキルだからです。
 
「クラスのなかで誕生日が同じ2人組がいる確率は」「ガン検査で陽性だった時に本当にガンに罹患している確率は」これらは初見で間違いやすい問題です。最初の問いは50人のクラスで97%、2番目の問いは機械のエラー発生確率に因りますが20%以下が普通です。MPA/IDの統計の授業では、「Our intuition is mostly wrong:我々の直感はほとんどの場合誤っている」とまず教授に言われます。また、有名な「風が吹けば桶屋が儲かる」話のように「○の場合●」という話は世の中に溢れています。その中にどれだけ因果関係を示した関係があるか。複数の犯罪者が少年時代に○○というゲームをしていたことが判明した。●●ダイエットは成功する人が多い。といった話も同じです。必ずしも原因と結果の関係でなくとも、第3の要因を経由して関連付けされたりあるいは逆の因果関係だったりする可能性もあります。多くの場合、因果関係の証明は容易でありません。同じ教授が学期を通じて言うことが「correlataion is not cosation:相関関係は因果関係ではない」です。有象無象の情報の中で生きる私たちは、日々のニュースやインターネットを見る際に安易な関連付け、判断をしないよう気をつけないといけません。
 
統計の授業ではデータを扱う基礎になる原則(中心極限定理ベイズ定理等)から、どのような場合に因果関係があると言えるのかを学習し、正しい関連性を分析するためのツール習得を目指します。授業が進むにつれより実践的な問いに答えられるようになります。「選挙速報ではなぜ票回収が半分にも満たない中「当確」が出るのか」「試験薬のサンプル試験で効果が出たがこの薬は有効か」「汚職は行われているのか」これらの問いに答えるための重要なツールが回帰分析:regressionです。その様々な手法、とりわけインパクト評価について次回エントリーで説明したいと思います。

MPA/ID 一年目の学び

全14週二カ国のインターンも最終日となりました。さぼっていたブログですが、新学期を前にこれまで学んだ内容を振り返るエントリーをつづっていきます。MPA/IDプログラム1年目はとにかく経済と統計を学ぶ年です。科目だけ見るとほとんど同じPhD経済のコースワークと比べ、よりapplicationに重点が置かれたプログラムとなっていることが特徴です。いったいそれはどういうことなのか、これからのエントリーで伝えられればと思います。
 
1 統計を学ぶ意味
2 インパクト評価の手法
3 データにだまされないための視点
4 契約理論 ー逆選択モラルハザード
6 マクロ経済 ー分析モデル選択ー
7 マクロ経済 ー経済成長理論ー
8 マクロ経済 ー債務持続性分析ー
9 ミクロ経済 ー厚生経済学第1、第2定理ー
10 ミクロ経済 ーマッチング理論の基礎ー
 
何が書けるかなと少し考えた結果頭に浮かんだのが以上です。書いているうちに色々思い出して増やしたりするかもしれませんが、とにかくこの10個については復習の意も込めてエントリーし、その後ケーススタディで取り扱った内容やこぼしたトピックを拾っていければとかんがえています。

西バルカンを観光するということ

あれよあれよと言う間にアルバニアに来て3週間がたとうとしています。週末は全て旅行にあてることを公言しているので限られた期間の旅行計画立案には余念がないのですが、来る前は知らなかった驚きの一つにこの地域の観光資源の豊富さがあります。アルバニアだけをみても首都ティラナ、ローマ時代の劇場跡が残る港町ドゥレス、オスマントルコ下の街並みが残るベラート(世界遺産)、自然でいうとサランダ・フローラ近辺の透明度抜群のビーチ、そして北にはアルバニア・アルプスの山々と至れり尽くせりです。中でも個人的に外せないのがBlue Eyeと言われる小さな泉。google検索すると分かりますが絵画のような美しさです。来週末に行くことにしています。

そしてアルバニアモンテネグロコソボマケドニアギリシャに囲まれています。ギリシャを除いてこれらの国に何があるのか来るまでは何一つ知らなかったのですが、モンテネグロはバルカン一とも言われる海岸の街ブドヴァ、スバティステファン、古都コトール、コソボはプリズレンの城、マケドニアは首都スコピエの綺麗な夜景と様々な主義・宗教が入り乱れた建築物、美しい湖畔のオフリッドなど。ギリシャについてはアテネまでは遠いのですがヨーロッパ人がバカンスを楽しむコルフ島がアルバニアの目と鼻の先にあるので来週Blue Eyeと一緒に行く予定です。

クロアチアがそうであったようにもうすこし経済が発展してアクセスも良くなったらこのあたりの西バルカンは一気に観光ラッシュが起こりそうな予感がします。

 

アルバニアでのインターン開始

先々週からインターンアルバニアに来ています。多くの方にとってなじみのないアルバニアという国、それもそのはず人口はわずか300万人、国内総生産(GDP)も約1.5兆円と昨年まで赴任していたカンボジアのそれを下回ります。ヨーロッパの最貧国の一つと言われるこの国は、1912年のオスマントルコからの独立後不安定な政情が続き、一時イタリア、ドイツの支配下に置かれます。大戦後の1946年に共産主義政権が設立すると党首ホッジャは独自路線を強め、仲良くしていたユーゴスラビアソ連、中国とも次々に断交しほぼ鎖国状態となります。宗教活動も禁じられ1967年には無神国家の宣言もなされています。当然経済状態は悪化、国民感情の反発を機にようやく1990年から開放路線となり1992年に非共産政権が誕生しますが、今度は未熟な市場経済を利用した国民のほとんどを巻き込む「ねずみ講」が起こります。1997年にこれが破綻すると大規模な暴動が起こり、その影響は現在も尾を引いていると言われています。
 
鎖国」や「無宗教」など日本とどこかしら通じるものがあるのではないか(日本の歴史・経験が役立つのではないか)、ほとんど着目されず外国援助も多くない途上国で開発を考えることは開発のキャリアを積む上で重要ではないかとの思いからアルバニアでのインターンを決めました。10日間暮らしてみての感想は一言で言うと「なんて暮らしやすい国なんだ」です。鎖国下でもイタリアとの裏貿易は続けられていたことからイタリア文化が根付いており、カフェでエスプレッソを飲む人が溢れ、街中にあるイタリアンレストランのクオリティは高く、それでいて物価は安いです。首都ティラナは人口40万人程度で渋滞もほとんどなく、歩いてどこにでも行くことができ治安も悪くありません。そしてなによりも、街を歩いていると子供や高齢者が多く、みんなリラックスしており人々の生活を感じることができます。東京では週末の商店街等を除いてなかなかそうはいきません。驚くほど外国人が少なくアジア系人種を見たのは10日間でも2回程度(中国からの団体旅行と思われる集団)なのですが、不思議と「外国人」であることを意識せず歩けるのはこのリラックス感からくるのだと思います。
 
残り6週間の滞在を通してアルバニアのことを学び、綴っていきたいと思います。あと折角まとまった時間がとれる貴重な機会なので、この1年で学んだことの振りかえりと将来への展望を残しておきたいと思います。

大学院合格者向けイベント

ほとんどの大学院では合格通知が出て約1ヶ月後となる4月の上旬に合格者向けイベントが開かれます。呼び方は、Admit DayだったりHosting Eventだったり様々ですが、内容としては、プログラムの説明に加え在校生との交流、1−2講義の聴講、教授陣によるパネルディスカッション、家のツアー等を組み合わせたものです。学校によってどこに重きを置くかは異なっており、各大学の戦略を垣間見ることが出来ます。

受験生にとってキャンパスビジットは出願校を決めるために出願前に行うのが通常なのかなと思いますが、もし合格後にどの大学に行くか悩むことがあればこの合格者向けイベントへの参加を絶対お勧めします。大学側がしっかりプログラムを作っているので万遍なく知ることができますし、生徒や教授から生の声が聞けます。そして何より他の合格者との会話を通じて、合格者の職業や雰囲気、考えていること等を知ることができ、これが極めて有用です。

私もイベント参加前はハーバードとプリンストンで相当悩んでいたのですが、イベントに参加したことによってハーバードに意を固めることができました。

なかなか4月上旬に休みを取って外国に行くことは容易ではないですが、合格者向けイベント、オススメです。

出願結果

先週残る3校の出願結果も届きました。なんと、全部合格。快挙です。プリンストンWWSとスタンフォードIPSは学費免除の奨学金もつきました。当初第一志望のハーバードMPA/IDは奨学金がつくか4/1に分かるのですが、有無によって判断が変わるかもしれません。お金を理由にはしたくないのですが。。

プログラム内容や学習環境をもっと深く知るためにもこの3校については4月上旬の合格者向けイベントに参加する予定です。贅沢な悩みではあるのですが、悔いのない選択をしたいと思います。

まずは、4/1のハーバード奨学金。受かっていてくれー。

ブックレビュー:グローバリゼーションパラドクス

私がハーバードのMPA/IDコースに行きたい理由の1つに、ダニ・ロドリックが教鞭をとっていることがあります。国際開発、なかでも経済発展と国際経済の研究者であり産業政策の必要性の議論やグローバリゼーションへの警鐘が有名です。書籍になっているのは本書のみですが、ロドリックの考えの根幹にある行きすぎた自由経済批判を良く理解することが出来ます。

現在主流となっている新古典派経済学では政府の役割を一定程度評価しつつ経済主体の自由な経済活動が前提となっています。特に貿易の自由化、資本移動の自由化は現代社会が疑いなく向かっている方向であり、戦後の東アジアを中心とした急速な経済発展はこの自由化政策に因るところが少なくありません。生産と消費のグローバル化は間違いなく新興経済に大きなチャンスを産み出しました。しかし、自由化はある程度規制されるべきとロドリックは説きます。貿易自由化は各国独自の産業発展を困難にし、資本移動の自由化は金融危機を引き起こすためです。現在先進国とされている欧米諸国や日本もその経済発展過程において相当の保護主義をとってきました。それなのに、なぜ途上国に対して自由化を課すのか。先進国の便益しか考えていないのではないかと議論は展開します。

このグローバリゼーション批判に先立ち、その他の手段として民主主義・国家主権のいずれかを諦めるという手段も示されています(この3つを全て両立することは不可能というのが、著者の言うパラドクス)。民主主義を諦めるとはすなわち弱者を置き去りにした総体としてのみの経済発展、国家主権を諦めるとはグローバル政府の設立(EUの世界版)のようなものですが、いずれも実現可能性は乏しく人々の理解を得ることは困難です。また、本書が出版されて以降のEUの衰退やBrexit・トランプ政権発足をみても、この2つは現代社会の基礎でありないがしろにできるものでないことがよく分かります。

ロドリックはもちろんグローバリゼーションそのものを批判しているわけではありません。現に書籍全体を通じてブレトンウッズ体制時の「緩い」グローバリゼーションを評価しており、各国の政策自由度を高めた現代版ブレトンウッズをどのように実現するかという議論が後半なされています。WTOセーフガード協定の活用、貿易・資本規制を強める変わりに労働移動の自由化をもう少し進めること(これだけで莫大な経済価値をもたらす)等の具体的な提案がなされておりいずれも納得できるものです。

中国・アメリカの2強大国を筆頭に急激にナショナリスティックな政策が実行されていくのは、本書の趣旨と同じ制限されたグローバリゼーションの考えとは一致しているものの、著者が意図していた世界とは全く別の世界が実現されようとしているのではないかと懸念を覚えます。

是非、進学先にて著者の考えを聞きたい思いです。

グローバリゼーション・パラドクス: 世界経済の未来を決める三つの道

グローバリゼーション・パラドクス: 世界経済の未来を決める三つの道